坐骨神経痛の症状も大改善!
血行をよくし、身体の自然治癒力を高める
「足の反射区もみ」


一楽足ツボ療法院 李潔先生

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。


全身に対応する足の反射区をもんで血流をよくすることは、様々な身体の不調に効果があります。

まぁ、それなりに効果はあるのでしょう。
でも、因果関係はないと思います。
足裏と身体の不調に因果関係があったら、足のない人はどうしろって言うんです?


足は第2の心臓と呼ばれているように、足うらやふくらはぎは、ポンプのような働きをしています、と言われています。

しかし、体調が悪い人はこのポンプを動かす筋力が弱まっています。

この理屈だと、運動をしている人やスポーツ選手に、体調が悪い人がいない、ということになってしまいます。
肩こりや腰痛にも言えることですが、運動不足=不調、ではなく、運動不足も不調の一因になりうる、というくらいのものでしょう。


腰痛の原因を大別すると、背骨の疾患によるもの、内臓の疾患によるもの、筋肉疲労によるもの、の3つが考えられます。

まぁ、これは腰痛の原因の、亜流中の亜流でしょうねえへへ…
とくに「足の反射区もみ」なので、内臓疾患による腰痛は外せないのでしょう。
※内臓に対応する足の反射区を刺激することで、腰痛も治りますよ、と間接的に言っている。


もんで血流改善、腰痛解消するセルフケア!
・坐骨神経の反射区
・腎臓の反射区
・背骨と仙骨の反射区
・承山

すみません、詳しくは、写真付きの本書にて、ご確認くださいえへへ…

足の反射区をもんで、腰痛が治るとは思えませんが、足のマッサージが気持ちいいのは、間違いありませんかおキリッ