骨盤のゆがみを矯正して筋肉をほぐす!
「その場で歩けた!」と即効例も豊富な
ゴムバンド療法


飯田橋内科歯科クリニック副院長 山田晶先生

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。
 
う〜ん、内科と歯科の医院で、骨盤の矯正ですかえへへ…東京では、こういったスタイルも珍しくないのかな?
ホームページを見ると、歯科医の先生が、ズラーッといる中で、山田先生は歯科プラス指圧マッサージ師の先生ですね。


私は、骨盤のゆがみが腰痛や坐骨神経の引き金になっているケースが非常に多いと、長年の臨床経験から考えています。

どちらの臨床経験ということなのでしょうか?まさか、歯科の臨床経験ではないですよね??
歯科の先生が、整形外科の臨床経験を積んでも、問題はないのかな?
あ、マッサージの臨床経験か。

「骨盤のゆがみ」に関しては、是非があるのですが、(※通常、医学的には「非」)こちらの先生は、骨盤のゆがみを前提に話されております。

骨盤にゆがみが生じるのは、生きていくうえである程度仕方のないことですが、ゆがみがひどくなってくると、筋肉が引きつって萎縮したり、血管や神経を圧迫したり、血液循環が悪くなるという弊害が出てきます。

この辺が、「骨盤のゆがみ」の使い勝手のよいところですね。
ある程度骨盤がゆがむのは、仕方ない。人間は二足歩行の動物だし、左右均等にバランスよく生活するのは、ほとんど不可能。
だから、骨盤のゆがみからくる腰痛は、あなたのせいではないので、一緒に頑張って治しましょうね、ということになります。


当院では、レントゲンによって骨盤のゆがみ、捻れ、傾きを独自に数値化し、手技療法やゴムバンドを用いて補正しています。

なるほど、腰痛治療でレントゲンと言えば、整形外科ですが、歯科医院も立派なレントゲン設備がありますもんね。
ただし、身体の機能的異常=腰痛の原因、ではないことは、もはや整形外科医学での常識かと思われるのですが…
そんなところへ、鬼の首を捕ったように


言い方がキツイかもしれませんが、他所の整形外科でさじを投げられた人でも、こうした骨盤に着目した独自の治療で、多くの人が改善しています。

う〜ん、整形外科の先生が聞いたら、怒りそうえへへ…わたしが言っているんじゃないですよ!


骨盤のゆがみがひどい人は、この仙腸関節が、うまく動かせない状態にあるのです。
ゴムバンドは、物理的に骨盤のゆがみを矯正するために使います。
ゴムバンドを巻いて腰を回すことで、仙腸関節の動きを改善し、骨盤まわりの筋肉をほぐすことができ、腰痛改善につながるのです。

ただし、ゴムバンドを使う場合、腰痛がひどければひどいほど、治る手前で激しい痛みに襲われます。その痛みに耐えようという、つよい意志の有無が、治療の分かれ道です。


なんだか、急に精神論になってしまいました…。でも、この辺りは、さすがに医学部出の先生だけあった、周到な言い方ですよね。
もしも痛ければ、それはよくなる前の「好転反応」だよ、ということなのでしょう。

骨盤のゆがみは、老化現象の一種です。

これは、初めて聞いた説ですね。
ひざ痛などは、その多くの患者さんはお年寄りなので、老化現象の一種と言っています。

骨盤のゆがみが腰痛の引き金になっていると、ご自分でおっしゃっているのに…腰痛って、若い人にも、けっこう多いですよね?えへへ…

骨盤のゆがみは、老化現象の一種です。それをそのまま受け入れるか、ゴムバンドによって若い骨盤を取り戻そうと思うのか、最後は自己判断です。

ゴムバンド=若い骨盤。
若い骨盤、ひいては若さを取り戻したい人は、ゴムバンドを買いなさい、という、老齢化した人向けのビジネススタイルということですかね?


私自身も診断不明な腰の激痛としびれがその場で軽減して人生が一変!
手術もぶじに回避できた


なるほど、なぜ歯科医の先生が、骨盤のゆがみを治しているのかというと、ご自分の腰痛体験+腰痛治療があったということですね。
整体系の先生と同じで、この方法で、私の腰痛が治った、だから、あなたの腰痛も治るよ!ということですね。

ちなみに、五味雅吉先生のゴムバンド療法で、腰痛が治ったのが、ご自身が腰痛治療の使命に目覚めたきっかけだそうです。

五味雅吉先生 の代表的著作品↓

椎間板ヘルニアは手術なしで治る―75万人の痛みを解消した実証をあなたへ (SEISHUN SUPER BOOKS)

山田先生の著作はこちらです↓

山田ドクターの腰痛がみるみる治るゴムバンド健康法