筋肉の奥までしっかりほぐし、腰の痛みを緩和!
「太ももツボつまみ」

整膚健康センター玉島 塩田敏行先生

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。


整膚(せいふ)とは、皮膚をつまむ手技のこと。
皮膚をつまむことで、筋膜が刺激され、血流とリンパの流れを改善し、不調を取り除くという健康法です。


整膚師の先生は、二人目ですね。
お尻つまみ


腰痛の人は、その不調が太ももより下に体の変化として現れるということです。

中でも顕著なのが、太ももがガチガチに硬くなる症状です。


太ももがガチガチに硬くなっている人って、あまり記憶にないですね。
もっとも、太ももと言っても、後ろや前ではなく、横(大でん筋の端の筋や腸けいじん帯)が硬いということは、よくありますけど、そのことかな?


整膚を始めたころは、腰が痛いのだから、腰を中心に整膚すればよいと思っていたのですが、なかなか期待する効果があがりませんでした。

確かに、そこだけやれば、よくなるという単純ではない場合は、多々ありますね。


主に太ももの外側にある「風市(ふうし)」と、裏側にある「殷門(いんもん)」という2つのツボを刺激します。

加減はイタ気持ちいい程度にしてください。
強くつまみすぎると、内出血を起こしてしまいます。


そりゃ、強くつまめば、やはり、「内出血」も起こしますよねえへへ…
関連 毒出しオイル療法


風市(ふうし)
まっすぐ立って腕を自然に脇にそえたとき、太ももの中指があたる場所

殷門(いんもん)
太ももの裏側、お尻の付け根とひざ裏をつないだ、ちょうど真ん中

≪ポイント≫
・整膚は親指と人さし指でつまむのが基本。
つまみにくければ、中指も加えて3本で行う。

・1か所3分以内を目安に、つまんで持ち上げて、3〜4秒静止し、戻す動作を繰り返す。

・寝そべった状態で、太ももが張った状態にならないよう、足の角度を工夫して行う。