×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

病気を寄せ付けない体質を作り、腰痛を撃退する
「肩甲骨ほぐし」


自彊館 内川立也館長

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。

自彊館を探していたら、ホワイト急便の店舗紹介サイトのようなものに行き着きました。
ホワイト急便って、お客さまの紹介もしているのでしょうか?


私は整体師として「肩甲骨は健康骨である」と強く確信しています。
具体的には、肩甲骨周辺の筋肉をほぐすことが、腰痛を始め様々な病気の予防・改善に高い作用を発揮するのです。


整体師の先生らしく、ズバッとした自論が気持ち良いですね。
※それが、正しいかどうかは別ですがえへへ…
今回は、腰痛の特集だって、言っているのに、「いや、肩甲骨で大丈夫」という館長のまっすぐさが、目に浮かびます。


肩甲骨周辺が緊張状態にあると、邪気が侵入しやすく、適度にゆるんだ状態になると、邪気は寄ってきません。
つまり、肩甲骨ほぐしてをこまめに行うことは、病気の元を寄せ付けない強い体質作りに役立つのです。


江戸かよ!?怒と叫びたくなるくらい古びた病理論、病気=邪気なる理論が登場します。
かつては、病気=邪気という認識だったので、お坊さんが一生懸命、護摩たきなどで“治療”をしていたんですよね。


また、肩甲骨周辺が緊張していると、次第に猫背になってしまい、腰が下がります。
この姿勢は、身体にとって大きな負担で、臓器が正しい位置からズレるため、様々な不調を誘発する原因になります。


「また」で始まってますが、こちらの理論の方が、現代的で、まともな気がするのですが…。


肩甲骨ほぐしを行う上で、大事なことは2点。

1つ目は、人間の身体は節分の頃からお彼岸にかけて大きく変わるので、肩甲骨ほぐしは、必ず次の春を越えるまで続けてください。


油断してるとコレだ。汗
イメージとして、春は生まれ変わりのイメージはありますもんね。
でも、しょせんはイメージでしょ?
この雑誌は、8月号なので、次の春まで肩甲骨ほぐしをやり続けるのは、あきっぽくない人以外は、相当キツイですよえへへ…

2つ目は、肩甲骨ほぐしを行うと、肩やひざの関節に痛みやダルさを感じたり、あるいはセキが出たりする場合があります。

またまた、こちらはまともなご忠告です。
館長先生は、2番目にまともなことをおっしゃる癖がおありのようですドラえもん


肩甲骨ほぐしのやり方
・肩甲骨を引き離す動き
手をグーにして、両手の手首とヒジを顔の前でくっつけます。
呼吸を止めずに、5〜8秒キープ。

・肩甲骨をくっつける動き
手を組んで、頭の上にゆっくりと伸ばします。
(これ以上伸びないところまで)
呼吸を止めずに、5〜8秒キープ。



以上?
どうやったら、これでひざの関節に痛みが出るのでしょうか…汗