×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

マジックポイントを刺激して腰痛解消!
韓国発「ドゥワセラピー」


松岡鍼灸院 松岡佳余子先生
かどた無双房鍼灸院 角田謙二郎先生
しばた整骨院 加藤有加先生
※角田先生、加藤先生は、松岡先生のお弟子さんのようです。

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。


我々の両手には、全身に対応するツボが存在するのをご存知でしょうか。
そのツボ=マジックポイントの存在は韓国の鍼灸師、柳泰佑先生によって発見され、病気や不調を治療する高麗手指鍼として体系化されました。


韓国では、ツボのことを「マジックポイント」と言うんですかね?
もしくは、柳先生の単なる造語かな?


高麗手指鍼に出会い驚いたのは、体のツボ以上ともいえるその即効性の高さで、マジックポイントの刺激を数十秒行ってみると、その場で体の不調に変化があったのです。

目を閉じると、高麗鍼の(プラシーボ)効果にうっとりしている先生方の姿が、まざまざと浮かびます。
外国の有名な治療法と聞けば、たいていの人には、相当なプラシーボ(プラセボ)効果が働くでしょう。


2年ほど前に、より親しみやすい「ドゥワセラピー」(「ドゥワ」はフランス語で「手」の意味)という名称を考案し、日本での普及を目指しています。

そこはそのまま、「高麗鍼」でよかったのではえへへ…
「ドゥワ」が親しみやすい語感とも感じられませんし…
メイドイン韓国の療法を、フランス名にして、日本で普及させる、というのは、なかなかややこしい気がするのですが…


マジックポイントからの刺激が脳へと伝わり、血流が増加、不調部位の筋肉をほぐすことにつながり、これが痛みの緩和に効果があるということなのです。

なるほど、手や足のツボの理論というのは、おおむねこのような感じなのでしょうね。


ドゥワセラピーのやり方
≪ポイント≫
・刺激には、つまようじ3本を輪ゴムで束ねたものを使用します。
・尖った方でなく、丸くなっている頭でマジックポイントを刺激します。
・くれぐれも血管の上は避けて、刺激するようにしてください。
・直接刺激して痛い場合は、手袋の上からでも効果があります。

1 腰痛に効果的なマジックポイントは、手の甲の真ん中から手首の付け根までのラインにある4ポイントと、その左右にあるラインにある4ポイント。
※手のひらも、同様の位置にあります。

2 3本のラインのうち、中心のラインが骨に起因する腰痛に効くポイントで、その両脇が筋肉に起因する腰痛に効くポイント。

3 各マジックポイントを、1か所約10秒を目安にツボ押しの要領で、刺激してください。
※症状におうじて、長めに刺激してもかまいません。
 

高麗手指鍼の動画
http://www.youtube.com/watch?v=2addYAoPc4M 


手のひらのツボ療法に興味のある方は、こちらなどがよさそうです↓

てのひらツボ療法―高麗手指鍼の原理と応用