×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

血流とリンパの流れを改善して腰痛をとる!
「座布団ブルブル整体法」


四天王寺整体 柴田直也先生

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。
 

座布団ブルブル整体法は、痛みのある部位に座布団を載せて手でブルブルゆらすことで患部の痛みを緩和、腰痛の改善にも効果のある治療法です。

とても、気持ちよさそうな整体法ですね。
しかし、自分でできないというのが、痛いところです。
また、こういう気持ちのよいやり方って、けっこう疲れるので、喜んでやってくれる人がいないのが、一番の問題です。


この整体法でいちばん大事なことは、患部を広く、そしてまんべんなく揺らすことです。

施術者に向けて、語りかけているので、パートナーによく読んでもらいましょう。

動きの基本は体の大きな筋肉にそって座布団を当てて、座布団を上下にゆらしていきます。
最初は座布団が引っかかる感じが手に伝わってきますが、次第に座布団がスムーズに動くようになるはずです。

これが皮膚の内側をシェイクするような動きとなります。


「皮膚の内側をシェイク」って、ホンマかいな?と思わず関西弁がえへへ…


ふつうの指圧や整体では、多くの場合、術者の手は患部に対して点で接しており、そして、力は垂直に加わります。

しかし、座布団を用いれば、点ではなく面で患部と接し、力は水平に加わります。

また、面でとらえることにより、ツボやトリガーポイントといった専門的な知識を必要としないという利点もあります。

確かに、「面で接して、水平の力を加える」というのは、よいのかもしれません。


座布団ブルブル整体法のやり方
・施術のポイント
主にほぐすポイントは、腰とお尻です。
さらに、背骨に沿った左右の背中、腰とお尻の境目のウエストラインもほぐすとより効果的。

・施術者の基本姿勢とやり方
座布団の中心が揺らすポイントにくるように、患部に載せます。
肩の力を抜いて、座布団に手を置きます。
手首の力も抜いて、腕はなるべく相手の体と水平になるように。
座布団と手を一体化させることを意識してください。
座布団を揺らす間隔は、1秒に2〜3回くらいのペースで、行って戻します。