×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

仙腸関節のズレ調整!
腰痛改善例が相次ぐ
「ほのまき体操」が話題


おばた治療室 岩月麻理先生

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。


私は「ほぐす・のばす・まわす・きたえる」という観点から症状別の体操を独自に考案し、それぞれの頭文字を取って「ほのまき体操」と名づけ、提唱・指導を続けています。

そのほのまき体操の中から、今回ご紹介していただけるのは、「腰の曲げ伸ばし体操」です。
こちらは、

・腰が伸ばせない人
・お尻周辺に痛みがある人
・朝起きたときに痛みを感じる人

に、ぜひ試していただきたいそうです。

では、なぜ腰の曲げ伸ばし体操が腰痛ケアにつながるのでしょうか。
仙腸関節をキーワードに解説していきましょう。


とのことですが、大まかな事情は、他の整体理論と同じですので、割愛させていただきます。えへへ…

腰の曲げ伸ばしのメリットは、タオルを仙腸関節の下に当てて腰を曲げたり、伸ばしたりを繰り返すことで、ゆるんでズレた仙腸関節の位置を整えられる点にあります。

その結果、大臀筋に余計な負担がかからなくなるため、筋肉疲労が起こらず、痛みの軽減につながるのです。



ということなので、実践です。

ほのまき体操のやり方
ひざを立てた状態で寝て、バスタオル(4つにたたんでから丸める)を仙骨部分に入れたら、足を伸ばしながらバンザイをする。
この姿勢を約20秒続ける

上の状態から片足ずつ順番にひざをかかえ、20秒ほど維持する。
その後、片足ずつ下ろしながら、バンザイの姿勢に戻り、約20秒ほど維持。
これを計5回繰り返す。

※バスタオルを当てる位置は、仙骨部分。
中指の先を尾てい骨に当てながら、手を腰に置いたときに、手のひらにすっぽり入る場所