×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

一定のリズムで動く骨に手を添えるだけで腰痛が劇的改善!
「BRM療法」


ひまわり健整院 吉田邦夫先生

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。

「ひまわり健整院」のホームページがなかったのですが、セミナーがメインの先生なのでしょうか?



腰痛は日々の生活の中で起こった骨盤のかたよりやゆがみが蓄積され、進行します。
そのゆがみが極限状態まできたときに、痛みとなって現れるのです。


以下、耳に心地よいオールドタイプの整体理論ですので、割愛させていただきます。


この体験と結果を機に、研究を進め、骨にはある一定のリズムがあることを知りました。

実は一定のリズムで拡張と収縮を繰り返し、そのリズムによって骨格のバランスが保たれているのです。

骨にリズムがあるというのは、ちょっとよくわからないですね。
呼吸のリズムで、骨が動いているように感じているだけの気がするのですが…。

その後さらに検証を行い、頭蓋骨の律動リズム理論の基、現在のBRM(Bone Rhythm Moment)療法を確立していったのです。

BRM療法とは、一定のリズムで拡張と収縮を繰り返す骨に手を添えて、正しい位置に骨を誘導させゆがみを改善させていくものです。
自然に動く骨の力は、いわば自己治癒力を助けるための手であり、強い力はいりません。


ちょっと日本語がよくわからないですね汗

詳しくはセミナーで、といった具合なのでしょうか?

こちらの先生は、
入浴中バスタブのふちに頭を乗せていると、後頭骨に微妙な動きがあることを感じた
そうです。

これって、ブランコのふちに頭を乗せたら、っていうエピソードに似てますね。
それって、オステオパシーでしたっけ?

もしかしたら、パクリ?ということはないですよね?えへへ…


BRM療法とは? 興味のある方はどうぞ↓