×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

不思議!言葉の力で骨盤と股関節の圧迫を解消し腰痛を癒す
「長尾ヒーリング」


フローレンス 横塚修身先生

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。

胃からアプローチする瞬間療法のスピリチュアル・ヒーラー
だそうですえへへ…


全身60兆個の細胞にはすべて「意識」があり、

のっけから、頭が痛くなりそうです…↓でも、頑張っていきましょう。

全身60兆個の細胞にはすべて「意識」があり、細胞の集合体である胃、心臓、肝臓、骨もそれぞれ意識がある。
その体の意識に語りかけて、内臓や関節が正しい位置で働くよう導く。

これが長尾弘師より20数年にわたって学んだことだまの療法『長尾ヒーリング』の真髄です。


真髄ですかおキリッ
とは、いうものの、そもそもスピリチュアルって、創始者の姉妹が、「あれは、ウソだった」って告白しているんですけどね…
→たしか、この本にありました。


「言葉の力で胃を正しい位置に戻せば、さまざまな不調がすみやかに消える」ことに気がつきました。

並みの?整体師ならば、体の不調は「背骨のずれ」や「骨盤のゆがみ」です。
こちらの先生は、ずばり「胃」ということのようです。
しかも、言葉の力でとは、イワシの頭も系ですかね??えへへ…

「○○さんの胃さん、あなたのいる場所はここではありません。正しい位置にあがってください」

「正しい位置はここです。この場所で本来の使命をはたしてください。調和してください」

素直な気持ちから生まれる、誤ったり、願いをかける言葉に体は敏感に反応するのです。


ここにも、グルのニオイが…


自宅でできる!
「長尾ヒーリング」のやり方
1 圧痛で胃の位置を確かめる
おへそとみぞおちの間から、恥骨のすぐ上あたりを指でおさえる。
軽く痛みを感じるところが胃の位置(恥骨の上が痛ければ、胃は相当下がっている)

2 下がっている胃に語りかける
両手を重ねて胃の上にあてる。
激しく怒ったり、グチをいったり、暴飲暴食をしたりなど胃に負担をかけたことを思い返し、「胃さん、怒ったり、イライラしたり、グチばかりいって悪かったね。いつもありがとう。なるべく怒ったりしないようにするから、正しい位置に上がってください」と語りかける。

3 胃の正しい位置に手を当てて語りかける
重ねた両手をおへそとみぞおちの間までやさしく引き上げる。
自然に背を伸ばして「胃さん、あなたの正しい位置はここですよ。もう怒ったりしないから、ここで本来の使命を果たしてください。調和してください」と語りかける。


※ご利用の際には、用法・用量をお守りの上、自己責任にてお試しくださいのび太


それにしても、みなさん、楽しそうです↓


こういうのを見ると、治る・治らないを論じるよりも、イワシの頭でもよいもかもしれませんね…
関連 健康本の批判は難しい 3