×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

私のギックリ腰も退散!
腰周りの筋肉の緊張を緩和する
「ハチ体操」


中野坂上治療院 古賀直樹先生

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。


ハチがお尻の針で敵を刺すイメージで
今回紹介する体操は、ギックリ腰(腰の下〜仙骨付近の腰痛)のセルフケアとして、お勧めしています。

この体操は、腰の痛みのほかにも、骨盤矯正にも役立ちます。なぜなら、腰の痛みを誘発する原因と、骨盤のゆがみに似通っているものがあるからです。

端的にいうと、骨盤にある仙腸関節と呼ばれる関節の動きの悪化にあります。


という感じで、この治療院の先生も、カイロプラクティックの理論に基づいていらっしゃるようです。


実は、私自身、何度もギックリ腰を経験していて…

う〜ん、まさに、医者の不養生といったところでしょうかえへへ…
カイロの施術でギックリ腰を治せるのであれば、初めからギックリ腰にならないようにするくらい、理論的に簡単だと思うのですが…。


ハチ体操のやり方
1 痛みがある側を上に、横向きに寝て、ひざは軽く曲げる
2 手のひらを背骨からお尻に向けてなぞり、手のひらが「ガチッ!」と引っかかるところで止める
(中指がお尻の割れ目の上辺りに来る場所)
3 当てた手のひらを、お尻の丸みに沿うように(身体と平行に)、下にグッ、グッと気持ちよい強さで20回程度押す
4 20回のうち数回は、手のひらを下に押したときに、お尻をグーッと突き出して、逆に抵抗をかける
(ハチがお尻の針で毒針を刺すようなイメージで突き出す)

やり方のコツ
・反対側も同様に行う
・できれば数時間おきに最低5〜6回行う
・足にしびれがある場合、体操を行った後、さらに痛くなる場合は中止してください