手術レベルの腰痛を脱出!
老人姿勢もシャンとする
筋肉の縮こまり解消ポーズ


鈴木カイロプラクティックオフィス 鈴木信幸先生

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。


ホームページを拝見すると、「前立腺」や「頻尿」関係が、お得意なカイロプラクティックの先生のようです。
大胆な絞り込み戦略ですね。


そもそも、体の節々に痛みが起きる原因とは、関節を支える筋肉が縮こまっていることにあるといえます。

ですから、この縮こまりを解消しようということですね。
でも、それと老化で腰が曲がるのと、因果関係があるのでしょうか?
その辺は、わたしも要勉強です。


関節痛と同時に姿勢の老化を解消するには、大もとの原因である筋肉の縮こまりをほぐしてやること。

初級編/すね〜つま先をつかんで「背伸ばし座り」(20〜30分)
1 (座った姿勢で)両足をそろえて前に伸ばし、上体を前にやや倒して足のすねを両手でつかむ
※ふくらはぎからひざ裏を、床にぴったりつけるつもりで
※腰を伸ばすことを意識するのがポイント!

2 1に慣れたら、さらに上体を前に倒して両手でつま先をつかむ
※頭を無理に足につけようとしないで、あくまで腰を伸ばすことを意識!


いわゆる、柔軟体操の前屈っていうんですかね。それを体を曲げることでなくて、腰を伸ばすイメージでやる感じです。
これ↓のゆるい感じの前屈です。



上級編/腕を組むとさらに効果大!「背伸ばし体前屈」(3分)
1 足を肩幅に開いて立った姿勢から、背中を伸ばしたまま上体を倒す

2 腰がピリピリとほどよく刺激されていることを意識しつつ、そのまま前屈姿勢をキープ
※背中を丸めずに、顔はアゴを突き出すように正面に向ける。両腕はまっすぐ下ろすか、組んで行うとさらに腰に効く





前屈が腰痛の予防になったり、治療になるのであれば、スポーツ選手や体の柔らかい人は、腰痛知らずってことですねのび太