×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

坐骨神経痛の症状が軽度なら1週間で改善!
ソフトボールお尻ほぐし


てぴあん整体院 松原大治先生

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。

そろそろ、はつらつ元気さんもネタが切れてきましたねえへへ…

ソフトボールほぐしは、明らかに、「テニスボールお尻ほぐし」のソフトボール版ですよね??


実は、坐骨神経痛で当院にこられるクライアントさんの100%がお尻にこりがあり、それをほぐせば、たった1〜2回の施術でしびれや痛みを改善することができます。

坐骨神経痛だと、100%がお尻にこりがあるそうです。まぁ、本人がそう言っているので、「”嘘のない” 手」を信じるほかないですけど…
お客さまのことを、クライアントさんって言うんですね。変なところが気にかかるmimi-usa

坐骨神経痛によるしびれの原因は、固くなったお尻の筋肉が神経を圧迫するために起こっていると考えられます。

これは、坐骨神経痛の中の梨状筋症候群というものですね。
すべての坐骨神経痛が、そうであるわけではありません。


ソフトボールお尻ほぐしのやり方

・体を横にし、ボールをお尻の外側、腰骨(腸骨)より3cmほど下に当てて、右図の範囲(※腸骨のキワにそって)を刺激します。
ポイント
・ボールを体の側面側に当て、仙腸骨に近い部位へと動かしていきます。
・徐々に体を仰向けに近い状態に動かしていくと上手く刺激する範囲に当たっていきます。
・長時間やってもかまいませんが、1回10分を1日に2〜3回やるのが目安です。

 
上の説明がわかりづらい方は、お尻エクボもご参照ください。
お尻エクボでも、ソフトボールを使った同じような療法を紹介しております。
※注意。参照したからと言って、わかるとはかぎりませんがえへへ…