×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

腰の血流活性にてきめん!
即効ポカポカの痛み取り術
「ショウガこすり」


t-remake 畑中智子さん

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。
 

なかなか、かわいいホームページですショウガ(ショウガ)
「マッサージ」連発ですけど、マッサージ師の先生ではないですよね?えへへ…
※ショウガマッサージは、「マッサージ」ではない、と言われれば、それまででショウガ。

ホームページの半分は、施術者の方向けのショウガマッサージのご案内になってます。

シンガポールでショウガは、汚い血や悪い気を外へ出す働きがあるとされており、デトックス(毒出し)を目的にマッサージに使用されていました。

この辺は、ちょっとグルのニオイがします…
使用されていました、って過去形になってますけど、今は?

実際私自身、シンガポールでショウガを使ったマッサージを受けたのですが、体が軽くなり、重苦しかった肩が信じられないほど楽になったのです。

なるほど、旅でシンガポールに行き、マッサージを受けたときに使用されていました、ということですね。

重苦しかった肩が、って、ここは、ウソでも、「腰」でしょえ゛!?!
「腰」の名医・名治療師50人のコーナーなのですから。
この方の誠実さが、うかがえます。

ショウガの成分といえば、ジンゲロールが有名なところでしょう。

ジンゲロールは、妊娠や疾患による吐き気や頭痛を緩和する働きがある。
ラットを使った実験では、低体温状態を改善する効果が見られた。
また、動物実験では関節リウマチへの効果も考えられている。
他に腸、乳房組織、卵巣、膵臓の悪性腫瘍への効果も期待されている。

ウィキペディア ジンゲロール

これら(ジンゲロールやショウガオール)の成分には、血行やリンパの流れを改善させる作用があります。

ウィキでは、特にそのようなことは書かれていませんね。
どちらを信じるかは、あなた次第ですドラえもん


ショウガ成分が浸透することで

皮膚ってそんなに成分を浸透させちゃうものなのでしょうか?
湿布くらいには、ショウガ成分も「浸透」するのでしょうが。


加えて、ショウガには殺菌作用や鎮痛作用があります。

ということは、ニンニクやワサビなどでも、効果があがりそうですね。


腰痛を軽快させるショウガこすりのやり方
・ショウガを繊維の流れと平行に、断面が広くなるように切る。
・腰全体に薄くオイルを伸ばし、ショウガの断面を当てすべらせていく。
・痛む箇所を重点的にこすっていく。
・慣れてきたら、写真のように矢印の方向にこするとよい


写真のように、とは
痛い場所、もしくは腰のある1点を始点に、頭部方向と足部方向に、背骨に平行に、両側ともこする
ことです。

詳しいやり方や、痛みの強いときのやり方は、本書にてどうぞ。



ショウガでカラダを温め肩こり、冷えをなおす―しょうがでさするだけ!!5分でできる“Tomoko (COSMIC MOOK)

やっぱり、こちらさまは「肩」が専門のようですね。