お尻の筋肉をほぐして腰痛を改善し、椎間板ヘルニアを防ぐ
「お尻歩き」


ひでカイロ整体院 今咲英人先生

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。


う〜ん、ホームページを見ても、顔の見えない先生って、なかなか珍しいですよねえへへ…
ひでカイロ整体で検索して出てきたアメブロのページも、なんか怪しいし…(人のことは言えんか汗
→無料情報館

健脳療法ですかぁ、ちょっとグルのニオイが漂ってきそうです…


※「ひでカイロ整体院」、及び「無料情報館」「健脳療法」のリンクが切れてしまいました。関係者の方がいっらしゃいましたら、教えてください。
また、読者のみなさまにおかれましては、このページはリンク切れの整体院の先生が過去に書いた記事ということをご了承の上、お読みください。


皆さんの中には仕事などで、毎日同じ姿勢で長時間過ごされている人も少なくないかと思います。

こうした状態でいると、筋肉はゆるむことができず、常に緊張し、コリ固まった状態になってしまいます。

そこで、お尻歩きのセルフケアというわけです。

自分の体重をかけて、ゆっくりとお尻の筋肉をほぐすお尻歩きは、自然と骨盤の形も整えてくれる効果があります。

さらに、緊張性腰痛が起きる原因には、筋肉の緊張だけでなく、疲労や運動不足、肥満なども関係しています。その点お尻歩きなら、こうした弱った筋肉を鍛えることもできます。

「疲労や運動不足、肥満」って、これが整体屋さんのうまい論法です。
通常、疲労と運動不足は、真逆の性質のものです。
※精神的疲労はなしで。
ですから、こういうように論理展開すると、何でも誰でも、当てはまってしまいます。

この方の場合ですと、やせている人や運動不足でない人は、腰痛はないのか?という疑問に、自然と当たります。
そこで、その場合は、腰痛の原因は「疲労」と答えるのです。
※もっとも、この方の場合は、「緊張性腰痛」と言っているので、通常の腰痛とは定義が異なるのかもしれませんが。


お尻歩きのやり方

1 床にお尻をつけて座り、足は前にまっすぐ伸ばす
2 手は腰に当て、姿勢を正す
3 そのままお尻で歩くように、前へ10歩、後ろへ10歩を1セットとして、1日に3回行う
※注意 足を広げたり、曲げたり、腰をひねりすぎたりしないように



お尻歩きに関しては、百聞は一見に如かずですね↓


この方の「お尻歩き」のやり方とは、じゃっかん手の位置が違いますが、やっていることは、論理的には同じだと思います。