×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

テニスボールでお尻をほぐして坐骨神経痛のつらい症状をとる!

くつぬぎ手技治療院 沓脱正計先生

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。


トリガーポイントをじんわりほぐす

お尻の筋肉にトリガーポイントができると、腰痛や坐骨神経痛ととてもよく似た痛みが起こります。

トリガーポイントは筋肉が緊張して縮むなどした「こり」の一種で、その場所さえわかれば取り除くことは難しくありません。


こちらの先生は、梨状筋症候群を、お尻のトリガーポイントと表記しているようです。
梨状筋へのアプローチですので、今までの先生方(「お尻ゆるめ」 「風船つぶし整体」 「尻エクボほぐし」)と同じ論理となります。


テニスボールお尻ほぐしのやり方

1 仰向けに寝て両ひざを立て、テニスボールを片方のお尻の下に入れます
2 ボールを入れた側に両ひざを倒す。ボールに乗ったまま体を動かし、イタ気持ちよく感じるこりを探します。
こりが見つかったら、2〜3分間体重をじんわりのせる。
※お尻をふって、ゴリゴリほぐそうとしない
3 がんこなこりの場合は、足を地面につけたまますべらすように曲げ伸ばしを繰り返す。
筋肉に圧迫を加えたまま動かすことで、より効率的にこりをほぐせます
4 仰向けの状態だとこりがほぐしにくい場合は、両ひざを立て、両手を後ろについた姿勢で行ってください



沓脱先生の動画がなかったので、こんな感じという動画↓