×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

血中の痛み物質を流し去り
ヘルニア、狭窄症、神経痛に勝つ!
拳法流「足の指もみ療法」


国際足健法協会 原田秀康会長

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。


足の指もみ療法を考案したのは、私が稽古をつけている拳法道場の門下生のケガを治したいという思いからでした。
激しい稽古をすると、腰やひざを痛めることがままあります。

だったら、そういう「稽古」をしないことが一番なのでは?えへへ…
そもそも、運動のしすぎで、どこかを傷めた時は、休養が一番な気がするのですが…
※運動やスポーツからくる腰痛に関しては、わたしはまだまだ勉強不足です、とお断りを入れさせていただきます。


試行錯誤した結果、私が確信したのは「足の指の血行不良を解消すれば、痛みはその場で軽くなる」ということ。
ヘルニア、坐骨神経痛、脊柱管狭窄症などでも、痛みの原因物質や毒素がたまり、血行不良が最も起きやすいのは、体の末端の足指です。


激しい稽古の腰痛から、一気にヘルニアまで飛んでしまうところに、体育会系的なものを感じさせます。
書生派のわたしとしては、いかさか、会長の後には、ついて行きづらいです…

痛みの原因物質が、足の指先に溜まっているという“イメージ”なのでしょうか。
痛みを感じるのは、脳であり、今はそこにアプローチするのが、痛みの治療に有効とされているのですが…。
そして、毒出しオイル療法に引き続き、また、出ました「毒素」。

この足の指もみ療法は、しこりをもみほぐすとき、グイグイと力を入れて痛いくらいにやらないと効果がないそうです。
でも、自分で行うと力を加減をしたり、力が入らなかったりします。
さて、どうしたものか?…

そこで、、会長が考案されたのが、「ゴムひもで足指を巻く」という新療法です。

・女性が髪を結ぶときに使うゴムひもを、親指と小指に、ややきつめに、すき間なくグルグル巻きにします。
・そのまま1分ほど放置します。
・1分後に、ほどいて巻きなおします。
・これを、2〜3回繰り返します。

実は私自身が憲法の稽古で腰、ひざを痛めてしまったときに、自らの体でゴムひも巻きを試してみると、痛みが即軽快して立ち上がることができたのです。

だから、稽古のしすぎって、言ってるでしょえへへ…

デイサービスのお年寄りにも行ったところ、「あっ、もう腰が痛くないわ」と、大いに気に入ったご様子。

こちらの「足の指もみ療法」は、体験者の声が、実名・写真付きで載っています。
「上のものが黒と言ったら、白いものでも黒なんだよ!!」という体育会系のご威光を感じてしまうのは、書生派のわたしだけでしょうか?えへへ…
まさか、デイサービスのお年寄りにも…って、ことはないですよね…