赤い斑点や曲線が次々現れてヘルニア痛、坐骨神経痛が即消える
「毒出しオイル療法」


延命堂 島田寛治先生というより師?

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。
 

オイルが筋肉や血管に浸透し新陳代謝を活性

毒出し(デトックス)って、なんだか懐かしい響きですえへへ…
オイル=油が、筋肉や血管?!にまで浸透しちゃったら、その副作用も、相当すごそうな気がするんですけど。(というよりも、副作用の方が怖い)

この施術で用いるオイルは、ピーナッツ油、エクストラ・バージンオリーブ油、ツバキ油、スクワラン・オイルなど。

と、いたって普通の、アロママッサージとかで使われているオイルですね。

これらを単独か、あるいは混ぜたものを、まず腰に塗って広げます。その後、両手の指で細かくつまみもみを繰り返しつつ、指先を移動させていきます。

良質のオイルは、皮膚から体内への浸透力が抜群で、古代インド医学では「五分半で骨髄まで届く」ともいわれています。


古代のインド医学をもって来られても、う〜ん、ちょっと次元が違うなぁ〜。
ということで、この辺りから、先生というよりも師(グル)の香りが漂い始めます…


痛みを招く毒素排出の証しが赤い斑点や曲線

これは写真を見てもらうと一目瞭然です。
延命堂のホームページ

いかにも痛々しい赤い斑点が、線になり、ミミズのように這っています。

毒出しオイル療法を始めるには、まず患者さんの腰にさわり、押すと特に痛む場所からつまみもみを始めます。
するとものの数十秒〜数分で、赤い斑点や線が浮かび上がるのです。


あれ?師のテクニックは、「つまみもみ」ですよね?
ということは、この赤い斑点って、普通に考えれば、つままれて、もっと言えば、つねられて、できた内出血なのでは??

という声が多いらしく

これは血がにじんで流れ出るのではなく、いわば皮下内出血で、腰痛の元凶である毒素が排出されてきた証しといえます。

ちょっと、わたしは医学的な知識がないので、わからないのですが、「血がにじむ」のと「皮下内出血」とは、違うものなのでしょうか?えへへ…

長期間残るものではなく、三日程度で消え去ります。

これも、つねった跡の内出血の治り具合と、ちょうど同じくらいなのでは、ないでしょうか。
※鍼では、「皮下出血」といい、1週間くらいで、消えるようです。


この赤い斑点や線を十分に出し切るように、1時間ほど腰をつまみもみして施術終了。

う〜ん、小一時間も、「つまみもみ」されるのですかぁえへへ…

この「毒出し」の毒って、師は、どのような成分と考えられているのですかね?
腰の激痛を引き起こしているほどの「毒」です。
これは、そうとうの劇物であるはずです。

この毒は、いったいどこから来て、どこへ行ったのでしょう。
しかも、施術は素手です!
つまみもみした師の指先から、毒が浸透しないことをお祈りします。

追記※上の記述に関して、島田さんから「師の指さきから毒素が患者に移るのが心配?とか事実無根のことを書かないでください」とのご指摘を受けました。
わたしとしては、

「つまみもみした師(=島田さん)の指から、師の指を伝わって毒が師の体内に浸透しないことをお祈りします。」

という意味合いで書きました。 読者のみなさまに誤解を与え、島田さんに不快な思いをさせてしまったことを謝罪いたします。
追記 終わり


このような「毒出し」も、ご家庭で実践できます。
※でも、腰のあたりは自分ではやりようがないですけど。

家庭でも行う場合、赤い斑点や線は出なくてもよいので…

やっぱり、グルは、つねってるでしょ!!怒

サイババが、病気の人の患部から、血の塊、実はニワトリの肝臓を取り出す映像が、わたしの頭の中を浮遊しております…

毒がどこへ消えたのかとても気になります…。

チーズはどこへ消えた?

※延命堂さまのリンクが切れているかもしれません。



追記

本ページに関しまして、延命堂さまよりメールをいただきました。

メールの内容に関しては、第三者に公表してはいけないと書かれていましたので、詳細は書けません。

内容に関しまして、読者のみなさまに誤解を与えている箇所を訂正したいと思います。

わたしは、「毒出しオイル療法」がインチキだと明言しているつもりはなく、 また、その効果に関しては、自分で確かめたわけではありません。
ですから、当ページを含め、当サイトは医学的・科学的考察において、また、 雑誌からの情報のみで主観的に感想を述べているだけです。

わたしの主観的な感想によって、読者様の「毒出しオイル療法」に関する幅広い知識が得られるように書いているつもりです。
つまり、「幽霊はいる」に対して、「幽霊はいない」という意見があった方が、より見識が広がるという感じです。


少なくともわたしの疑問は2つあります。


1 毒出しの「毒」の成分はなんなのか?

2 その毒は素手で扱っても大丈夫なのか?

3 毒はどこへいってしまうのか?

4 どうして自分で施術する時は、赤い斑点が出なくてもよいとおっしゃっているのに、先生が行う際には赤い斑点を強調するのか?

5 赤い斑点はつまむことによって生じていないと証明できるのか?



以上のような、疑問点がわきあがってきて、2つでは済まなくなりました…。

ぜひ先生からのご明答をお待ちしております。

※ここでの回答はなくても、ブログでお答えになるかもしれないので、いちおう先生のブログのアドレスを載せておきます。
カンチャンのブログ

本ページをめぐって、延命堂の島田さんとメールのやりとりしています。
興味のある方はごらんんください。

群馬県太田市 本格ほぐし&眼精疲労整体なら リフレリフレ
岡山県の延命堂さん

また、毒出しオイル療法のセミナーを受講し、毒出しオイル療法の理論を説明してくださる方からの情報を、ひろく求めています。
よろしくお願いします。

当サイト、当ページに関するご意見やご要望などがありましたら、うけたまわっております

リフレ・リフレ
〒373-0852
群馬県太田市新井町574−20第一倉上ビル107
0276−46−5798
randrgroupmail@yahoo.co.jp

高橋まで