×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヘルニア、狭窄症の激痛を招く神経圧迫を解消して手術無用!
腰痛道場の「尻エクボほぐし」

井上腰痛道場・道場主 井上優一先生(?)

はつらつ元気 2012年 08月号 [雑誌] より
※太字、引用。

道場主ですから、先生でいいんですかねえへへ…
「ようつうどうじょう」と打つと、「腰痛同情」と出るのは、わたしのPCだけでしょうか…

こちらの先生も、お尻ゆるめ 風船つぶし整体 と同様に、梨状筋へのアプローチですね。

自らの腰痛体験から根治率90%の療法考案

出た〜、という感じで、かえって安心しちゃいますえへへ…
これは、

どんな治療でも治らなかった腰痛。しかし、、私はこれを発見して治してしまった!!

という整体師(もしくは、素人の方)に、ありがちなパターンです。

その治療法こそ「尻エクボほぐし」。
お尻のエクボのようなくぼみのまわりを中心とした筋肉を、ヒジをグイグイと押し込んでほぐすと、激痛も鈍痛もしびれもスッと消えていくのです。


おそらく、この先生も梨状筋症候群だったのでしょう。そうであるならば、効果は抜群です。

このお尻のくぼみのところを、上のようにグイグイやられると、通常の人は、非常に痛いです。
だけども、梨状筋に、コリやハリがある人は、気持ちいいみたいですね。
こちらの先生のおっしゃるように、肘でグイグイと押しこんでほぐされると、痛みがスッと消えて、とても気持ち良いそうです。


お尻の筋肉がこると、その奥から足の先まで続いている坐骨神経などが圧迫されて、疲労していきます。
私はこの神経の疲労こそ、痛みの根本原因ではないかと考えています。


最近では、腰痛の原因の8割がストレスとも、いわれているのですが…
まぁ、個人的に考えるのは、自由ですのでえへへ…

「尻エクボほぐし」の動画です↓


速効的に痛みを軽減する一方で、難しいコツが必要な治療法ではありませんから、ご自宅で実行することももちろんできます。

自分でおこなう「尻エクボほぐし」のやり方
お尻のエクボのラインを背中側に向かってたどっていくと、ビーン!と響く場所が見つかります。ここを重点的にほぐすようにします。

・布を巻いたソフトボールやゴルフボールを、お尻の下にあてて、上から体重をかけて、お尻の響くポイントに圧力をかける
・押しながら回すと、なお効果がある


梨状筋の先生は、みな、「ご自分でやってみてください、わからなかったら、その時はお越しくださいね」という感じの優しい先生たちですね。
※しかし、この先生も、ご多分にもれず、「はつらつ元気」さんのの常連さんです。
※※しかも、ホームページでは、「臀部マッサージ」って「マッサージ」を使っちゃってますえへへ…