梨状筋の中を走る坐骨神経が外傷やスポーツ活動などで圧迫されて引き起こされる疾患群のこと。
これにより坐骨神経痛を引き起こす要因にもなる。

ウィキペディア 梨状筋症候群



写真は 楽笑!日記 さまより(※リンク切れ)


梨状筋という筋肉が、坐骨神経を圧迫しているため、腰から足にかけて痛みやしびれがでます。

原因が、梨状筋なので、この筋肉をほぐすことで、“坐骨神経痛”が治ったり、改善します。
(※梨状筋症候群は坐骨神経痛のうちのひとつであり、坐骨神経痛=梨状筋症候群ではない)

坐骨神経痛とは、「坐骨神経にまつわる痛みやしびれなど」の、いわゆる症状の総称です。
腰痛と同じように、これが「坐骨神経痛」というものはありません。

「坐骨神経痛治します!!」とうたっている整体院や治療院は、たいていが、梨状筋症候群の処置かと思われます。